プレスリリース

2017.04.11 米国受託試験場に高速度衝撃試験装置を新たに導入

この度、米国ミシガンのSpectrum Technologies, Inc. 社に、IMVの高速度衝撃試験装置EMシリーズEM2405を導入致しました。
Spectrum Tech社は、自動車部品の信頼性試験を25年にわたり手掛けている有名な試験機関であります。社長のMikeは多くの知識と経験を有する振動試験のエキスパートとして、自動車業界から多くの信頼を得ており、古くからIMVの3軸同時試験機を使用して頂いていました。
今回IMVが彼に提案したソリューションは、最大変位100mmもの可動域を有するEM2405 システムに、衝撃試験時の最大速度を3.6m/sを生み出す高速度衝撃オプションを加えた装置であります。昨今のEV/HEV車の普及に伴い、衝突時における100G/11msec ものスペックを必要とする厳しい試験が増えてきています。これらの試験デマンドに応えたいという彼の要求に対して、IMVでは最新テクノロジ-をつぎ込んだエコシェーカによって、彼の要求を実現することができました。

さらに当エコシェーカーは、本格的な自動省エネ運転により電力が節約でき、同社Mike社長は、他社製と比べ、省エネ運転時のブロワー騒音が極めて低いと高く評価されています。
Mikeのような振動試験を知り尽くしたエキスパートに、今回弊社のエコシェーカを選んで頂けたことは大変光栄な事であり、彼の技術によって、自動車部品の信頼性向上と弊社製品の更なる進化が期待されます。