マイグレーションテスター

ハイサイドマイグレーションテスター MIG-9000

1ch/1電源/1計測回路をマイグレーションテスターに初めて採用したIMVがお送りする絶縁評価技術の集大成「MIG シリーズ」の第2弾!!多層基板・部品内蔵基板の層間、内蔵キャパシタ等の絶縁評価には「真のハイサイドマイグレーション」テスターが必須です。

ハイサイドマイグレーションテスター MIG-9000

ハイサイド型 ローサイド型

特長

  • ハイサイド測定の基本であるオープンケルビン検知をハイサイド側・リターン側共に全ch標準装備
  • 測定データの保存にメモリカードを採用
  • 小型ディスプレイ搭載!!ホストPCが無くても動作状態、異常内容を表示可能
  • I/F試験槽のインターロック、温・湿度の電流入力を標準装備
  • Cx、tanδ測定もオプションボードで対応可能

MIG-9000 特長

ハード仕様

モデル MIG-9000
印加電圧 +1.00V ~ +29.99V(0.01V単位)
+30.0V ~ +300.0V(0.1V単位)
チャンネル数(ボードあたり) 10Ch
最大増設チャンネル

300CH

絶縁抵抗測定範囲 105Ω~1014Ω(100V印加時)
直流電流測定範囲
及び測定レンジ
0.1pA~500μA(6測定レンジ)
※固定レンジ・オートレンジ選択可
(0.1pA~5nA/10pA~50nA/100pA~500nA/1nA~5μA/10nA~50μA/100nA~500μA)
電流値測定精度
100V印加時
対レンジフルスケール
5nAレンジ:±5%±100pA
50nAレンジ:±5%±1nA
500nAレンジ:±2%±5nA
5μAレンジ:±1%±10nA
50μAレンジ:±0.5%±0.1μA
500μAレンジ:±0.5%±1μA
バイアス印加方法 チャンネル独立バイアス方式(1パワーサプライ→1CH)
バイアス印加電圧設定 +1.00V ~ +29.99V 任意設定(5チャンネル/グループ単位)
+30.0V ~ +300.0V 任意設定(5チャンネル/グループ単位)
バイアス印加アンプ オペアンプ方式
出力ノイズ:最大±5mv
高圧アンプ安定化電源として直列型高圧安定化電源を採用
高圧オペアンプによる100μsecオーダーの高速レスポンス
バイアス印加電圧精度 ±(フルスケールの0.3%+0.5V)
バイアス電圧測定精度 ±(フルスケールの0.3%+0.5V)
最大試験可能時間 9,999時間
測定方法 全チャンネルダイレクト測定(メカニカル・リレーは不使用)、
高速16ビットA/Dコンバータ(各CH)
測定回路 絶縁抵抗方式(Highサイド電流計測)
電流測定ケーブル 二重構造アクティブガードケーブル
ケーブルオープン検知機能 計測/出力ケーブルのコネクター脱落を検知しアラーム警告
収録データ内容 収録時間・経過時間・抵抗値・印加電圧
温度/湿度(要チャンバー通信オプション)
パソコン OS:Windows XP,Windows7 産業用を推奨
マイグレーション測定モード エンドモード:マイグレーション発生点で終了。
トリガーモード:マイグレーション発生閾値で開始、終了閾値で試験終了
タイムモード:マイグレーション発生闘値、終了闘値で発生回数をカウント(数値指定999回、無限回)
検出モード:最高速でマイグレーションを検地します。
アナログI/F 4-20mA、0-5V:各2CH
電源 AC100V 50/60Hz 約100VA/ラック(50CH)
収納ユニット外形寸法 W430×D550×H349mm
質量 約25kg/ラック(50CH)

※MIG-8600Bの機能も継承しています。[二重構造アクティブガードケーブル][印加電圧のモニタリング]